Resources

最高裁判決:著作権侵害訴訟を提起することができる時期について判断

3/5/2019

連邦最高裁判所は2019年3月4日、長年にわたり連邦巡回控訴裁判所(CAFC)において判断が分かれていた、著作権侵害訴訟を提起することができる時期についての判決を下しました。CAFC判決の中には、著作権登録がなされた後にのみ著作権侵害訴訟を提起することができるとの判断と、著作権局に著作権登録申請がなされた後に著作権侵害訴訟を提起することができるとの判断が存在していました。

最高裁はFourth Estate Public Benefit Corp. v. Wall-Street.com事件において、著作権者は著作権侵害訴訟を提起する前に著作権登録を有していなければならないと判断しました。

判決文はこちらをご覧ください。

著作権に関するご質問は、弊所パートナーのLeigh Ann Lindquist弁護士までお問い合わせください。