Resources

Sughrue、IoTの間接侵害に関するレクチャーを開催

3/28/2019

弊所のStuart Lee 弁護士とLoren Tung弁護士によるIoTの間接侵害に関するレクチャーが2019年3月28日にシュグルー・マイアンのワシントンオフィスにて開催されました。

IoT(Internet of Things; モノのインターネット)とは、「モノ(物)」がデータ交換できるようにするための電子装置やソフトウェアなどの機器のネットワークのことです。テクノロジー業界の大手企業の多くは近年、IoT機器を売り出しており、これらの機器の特許を取得して、起こり得る特許紛争に備えています。IoT機器の急増は、米国特許の間接侵害の問題を引き起こします。レクチャーでは、これら間接侵害の問題を紹介し、複雑な問題に取り組むための特許出願戦略の重要ポイントを説明しました。

詳細はこちらをご覧ください。