What We Do

バイオシミラー

米国では安全かつ効果の高い後続生物製剤の販売に対する需要が認識されつつあるものの、こうした需要を満たすには多大な知的財産権の関与が不可避となります。シュグルーは、バイオシミラー法への取り組みをリードし、バイオシミラー医薬品承認制度が提起する複雑な知財問題のあらゆる側面に関して戦略的助言を行っています。

複雑な米国バイオシミラー医薬品承認制度(U.S. Biosimilars Approval Pathway)は、知的財産紛争の結果判定のために考案された条項を含めて、米国における後続生物製剤の製造、使用及び販売の承認手続を法制化したものです。生物製剤や生物薬剤関連の発明に対するクライアントの知的財産権に関して50年以上サービスを提供してきた弊所にとって、米国バイオシミラー医薬品承認制度がもたらす問題はなじみのないものではありません。

弊所弁護士は法律・技術の深い知識を有しているため、この急成長中の分野に対応するために必要な意見を提供する用意があります。弊所は、クライアントが新たなビジネスや投資の機会を創出・拡大できるよう有益なサービスを提供しています。