Where We Work

中国

シュグルー・マイアンは、これまでもクライアントに対する中国での知的財産権の保護と行使を支援してまいりましたが、中国企業の米国進出に伴い、中国企業の米国での特許・商標権の行使も代理しております。

シュグルーは、中国の法律事務所や大学、政府機関と強いつながりを持っており、シュグルー中国グループの弁護士は、中国主要都市を歴訪し、多くの講演を行い、知財教育プログラムにも講師として参加協力しております。 また、知財セミナーやシンポジウム、米国地裁やITC模擬裁判プログラムにも協賛・後援してまいりました。さらにシュグルーの商標弁護士チームは、ブランド拡張戦略、米国商標登録の実務、米国特許商標庁商標審判部(TTAB; Trademark Trial and Appeal Board)における異議申立てや取消請求の手続きの講義なども行っております。

シュグルーは、米国知的所有権法協会(AIPLA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、国際商標協会(INTA)などの知財関連国際機関において、アジア、特に中国での活動を主導しており、米国事務所としては初めて中華商標協会(CTA; China Trademark Association)への入会を認められるなど、特にシュグルー商標弁護士陣の中国での活躍は目覚ましいものがあります。

知的財産権の正しい法的知識を学び、経験豊かな弁護士による法的助言や戦略を得ることは、世界有数の経済大国として大変重要なことであると私たちは考えております。