Resources

Sughrue、バイオテクノロジー分野の特許法務サービスをNIHに提供

April 21, 2020

ワシントンDCに拠点を置く総合特許法律事務所であるシュグルー・マイアンは、国立衛生研究所(NIH)により、バイオテクノロジー分野において10年契約で特許法務サービスを提供する事務所の一つに選ばれました。

米国保健福祉省の一組織であるNIHは、健康に関する米国政府の研究機関、かつ生物医学に関する世界最大の研究機関であり、医学研究に年間約420億ドルを投資しています。NIHは、新たな大小の分子、ならびにバイオ医薬品、プロセスと経路の発見、既存の医学知識の新たな活用など、医学・医薬の研究およびイノベーションにおける世界的リーダーです。NIHは現在、2,500を超える係属中の特許出願件数を誇り、NIHの特許の多くは、そのイノベーションを利用して公衆衛生を強化する製品やサービスへと発展させるために民間にライセンスされています。

シュグルー・マイアンは、バイオテクノロジー分野の特許法務サービスを提供するようNIHにより厳選された数少ない事務所の一つです。「これからの10年間、全世界が新型コロナウイルスの安全で効果的な治療およびワクチン開発に注力してるこの重大な時期に、NIHのミッションをサポートできることは光栄であり、誇りに思います。」と弊所パートナー弁護士であり、弊所のバイオテクノロジー部門のリーダーの一人でもあるAlan Townsley博士は述べています。

シュグルー・マイアンは、ワシントンDCと東京にオフィスを構え、1957年の設立以来何十年もの間、世界中のクライアントの皆様に知的財産のあらゆる面でリーガルサービスを提供し続けてきた総合特許法律事務所です。